2020年11月18日

kata kata 個展「牛の歩み展」


katakataさんDM1.jpg

katakataさんDM2.jpg

[会期]
2020年11月4日(水)-11月15日(日)

[告知文]
ブランド コラボレーション作家さんによる、贅沢で豪華な展示が続きます。

11月の展覧会は、 東京を拠点に 全国、世界的にも活躍、 型染め・注染・プリントによる染布を中心とした作品づくりをされるユニット、Wkata kataWさんです!

表現社cozyca products とのコラボレーションでは、ブロックメモや一筆箋、そして あの「山羊」のレターセットなどなど!

どれもこれも独特の風合いと色づかいで、かわいらしく、かつ男女問わず使いやすい、 ブランドとしても、お店でも、世代を問わず長く愛されているアイテムの一つです。



個人的な kata kataさんとの出会いは、 大阪に住んでいたまだ学生のころ。。。

とある雑貨屋さんで kata kataさんがデザインされた陶器の豆皿を見つけたのがきっかけでした。
かわいい上に、レトロさというか、渋さも感じられて、 長く使えそうで、和食にも何にでも合いそう!とトキメイテ選んだのを覚えています。

それ以来、あちこちでグッズを見かける機会があり、「人気な作家さんなんやなぁ〜」とぼんやり思っていました。

…数年経ち、表現社のお店 HIRAETH で働くこととなったとき、 「あぁー!あの豆皿の作家さん!」と、一人舞い上がり感激したのです。

コラボレーショングッズの中で特に、我々表現社が作るW美濃和紙Wの質感が自慢の レターセットや一筆箋と、 kata kataさんの型染めの風合いとのマッチ感がたまらなく大好きで、山羊のレターは、何度リピートしたか分かりません。

独特の容姿にデフォルメされた生きものや植物たちが愛らしく、そしてときにかっこよくワイルドで、 HIRAETH には珍しく、男性が選ぶ率もとても高いイラストでもあります。

そんな kata kataさんの個展、京都ではちょうど一年前、 恵文社さんでの展示以来。
そのときに生で観て大感動した、原画や多数の作品、グッズたちが 2階のギャラリーに並ぶかと思うと、今からわくわくしてたまりません!


関東にお住まいの作家さんです。
どうかどうか、この貴重な機会をお見逃しなく。

期間中、皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

HIRAETH
店長 大島


■kata kata @katakata.jp

kata kataとは松永武と高井知絵によるユニットです。型染め、注染、プリントによるオリジナルの染布を制作しています。
モチーフとなるのは日々の生活の中で感じる全ての事柄です。
動物、昆虫、植物、風景・・・・それら全てに物語を想像し、布を染めることは私たちにとって大きな楽しみです。
布を広げた時に、ものがたりを想像できるような、会話が生まれるデザインを心がけています。
私たち kata kata は温かい空気を生みだす、そんな布づくりをしていきたいと思います。

------------------------------------
kata kata 個展「牛の歩み展」
at cozyca products shop HIRAETH

■2020年11月4日(水)-11月15日(日)
■12:30〜19:00
※11/9(月)はお休み
------------------------------------

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg
posted by hiraeth_gallery at 11:57| 2Fギャラリーでの展示

2020年11月04日

柊有花 個展「Day & Night」


柊さんDM.jpg

[会期]
2020年10月17日(土)-11月1日(日)

[告知文]
柊有花さんと、我々 表現社cozyca products とのコラボレーションは、2020年 春の製品からはじまりました。

もともと、お店のツイッターアカウントで柊さんをフォローをさせていただいていて、 イラストを見るたび、「かわいいなぁ、素敵やなぁ、cozyca製品と合いそうやなぁ…」と、 密かに企画を提案できないか、一方的に考え温めていた作家さんでした。

しばらくして、たまたま用事があって、滅多に行かない本社を訪れたところ、 「新しくコラボレーションすることになりそうな作家さんだよ〜」と、 資料を見せてもらったのが! 柊有花さんでした。

運命を感じました。

それから、順調に製品づくりは進み、ギャラリーで年末に開催する 「 冬の原画展 」というグループ展にも 出展くださるとお聞きして、うれしくって。 しかもしかも!期間中、神奈川からわざわざ在廊にもいらしてくださって泣! お会いしてお話しして、お人柄にも触れて、ますます好きになりました。 …とかまぁ、柊さんに対するわたしのまるで恋のような思い出話はこのくらいにして、、、

柊有花さんのイラストは、掲げておられる「見えないものを描くイラストレーター」という肩書きのように、 言葉では表現することのできない、引き込まれるような力を感じます。

かわいらしくって、なにかの神話や童話の挿し絵のようで、 懐かしくもあり、でも 他にはない独特の色づかいとカタチで。(偉そうに聞こえたらすみません…)

cozyca productsというブランドに、新しい色を加えてくださったようにわたしには感じられました。

仕上がった製品を手にとると…やっぱり合う!!!

我々のこだわり、美濃和紙を使った レターや一筆箋にもしっくり。

厚みのある洋紙で、くっきりとした色味が似合う ブロックメモにもぴったり。

HIRAETH でも、あっというまに人気商品の一つとなりました。

そんな柊さんが、京都で、ここ HIRAETH で、 個展を開催してくださいます。

今回は個展ということで、年末のグループ展以上にたくさんの作品を観られる予定です。 原画作品に加え、壁掛け作品や、なにやらブローチ、ZINEなども もしかしたらご覧いただけるのかも。 我々も楽しみでなりません。
(コラボレーション作家さんの展示は、やっぱり思い入れが強くなって、長くなってダメですね…)

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

HIRAETH 店長大島


■柊有花 @yukahiiragi
Yuka Hiiragi
感覚を形に
見えないものを描くイラストレーター
「見えないものを形にし、誰かに何かを届ける」をモットーに、絵と文章を中心に活動。
国内外での展示のほか瀬尾まいこさん『優しい音楽』等の装画、
台湾や手紙社イベントビジュアル、紙雑貨、壁掛けなど。

------------------------------------
柊有花 個展「Day & Night」
at cozyca products shop HIRAETH

■2020年10月17日(土)-11月1日(日)
■12:30〜19:00
※10/19,26はお休み
------------------------------------

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg
posted by hiraeth_gallery at 09:29| 2Fギャラリーでの展示